このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
津島市民病院:トップページへ戻る
  • Multilingual
  • 津島市ホームページ
電話番号 0567-28-5151
サイトメニューここまで

本文ここから

消化器内科

最終更新日:2021年4月1日

診療科からのお知らせ

消化器内科というよりは、胃腸科といったほうがなじみ深いかもしれません。口から肛門に至るまでの一連の臓器を担当します。具体的には食道、胃、十二指腸、小腸、大腸と肝臓、膵臓、胆嚢などの臓器が診療の対象となります。もっと簡単に言えば、お腹の症状のある患者さんについて診断・治療をします。

診療内容・特色

さて、臓器によって症状は様々ですが、私たちは病気を見つけるためにいろいろな検査を行っています。

  • 上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
  • 大腸内視鏡検査
  • 腹部超音波検査
  • 胃透視(バリウムを飲む胃の検査)
  • 小腸造影
  • 注腸造影
  • CT、MRI、内視鏡を使った胆嚢や膵臓の検査

などがあります。

また、内視鏡を用いて、様々な病気に対して治療を行います。胃や大腸のポリープの切除や、早期癌に対しては粘膜切除を行います。総胆管結石に対しては、十二指腸内にある胆汁の出口を、風船で広げたり、電気メスで切開したりして拡張してから結石を除去します。

今、日本では胃癌が減る一方、大腸癌は増加傾向にあります。私たち消化内器科でも早期の大腸癌を発見すべく、積極的に大腸内視鏡検査を行っています。平成29年には1年間で1,853人の人が大腸内視鏡検査を受けられました。最近増加傾向にある炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病など)についても、名古屋大学病院と常に連携しながら、最先端の医療サービスを提供できるよう努力しています。
また、吐血、下血などの患者さんが来院された際にも、緊急内視鏡を行い出血を治療できるように体制を組んでいます。そして、平成25年度から保険適応となった慢性胃炎のピロリ菌除去も積極的に行っています。

お腹が気になったら、一度消化器内科を訪ねてみてください。

ドクタープロフィール

久富 充郎(ひさとみ みつろう)

役職:副院長兼消化器内科統括部長(臨床研修センター長兼務)
卒年:1987年

認定医・専門医

日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医

得意分野

消化器全般

荒川 大吾(あらかわ だいご)

役職:副診療局長兼消化器内科部長
卒年:1997年

認定医・専門医

日本内科学会認定医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医

得意分野

消化器内科一般

立松 英純(たてまつ ひでずみ)

役職:消化器内科部長
卒年:2003年

認定医・専門医

日本内科学会認定医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
医学博士

得意分野

消化器内科一般

小林 都仁夫(こばやし とにお)

役職:消化器内科副部長
卒年:2006年

認定医・専門医

日本内科学会認定医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医

得意分野

消化器内科一般

富田 章仁(とみだ あきひと)

役職:消化器内科医師
卒年:2015年

認定医・専門医

日本内科学会認定医
日本DMAT隊員

得意分野

消化器内科一般

山邊 勉(やまべ つとむ)

役職:消化器内科医師
卒年:2016年

鵜飼 明宏(うかい あきひろ)

役職:消化器内科医師
卒年:2017年

お問い合わせ

市民病院
〒496-8537 愛知県津島市橘町3丁目73番地
TEL:0567-28-5151 FAX:0567-28-5053

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページのトップへ

津島市民病院

〒496-8537 愛知県津島市橘町3丁目73番地
電話:0567-28-5151
ファックス:0567-28-5053
e-mail:tsmhp@tsushimacity-hp.jp
交通・アクセス

受付時間

午前8時00分~午前11時30分
(ただし、緊急・救急の場合はこの限りではありません)

休診日

市民病院の休診日は土曜日・日曜日、祝日及び年末年始
(12月29日~1月3日)となっております。