このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
津島市民病院:トップページへ戻る
  • Multilingual
  • 津島市ホームページ
電話番号 0567-28-5151
サイトメニューここまで

本文ここから

腎臓内科

最終更新日:2021年11月19日

診療科からのお知らせ

腎臓病教育入院を行っています。腎臓内科・透析センターは、常勤医師3人・非常勤医師2人(木曜日・金曜日)、臨床工学技士4人体制、透析センターは常時看護師4人(月・水・金曜日)体制で活動しております。

診療内容・特色

外来業務は、平日毎日、予約外来体制。開業医の先生からの紹介は随時対応しております。慢性腎臓病、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性腎不全、慢性腎不全、糖尿病性腎症、血液透析患者さんの入院透析などの腎臓病に関する診断や治療を行っております。セントラルシステムを含む計15台で入院患者さんの血液透析療法を施行しております。血液透析は、月・水・金曜日の週3回稼働し、LDLアフェレーシスやエンドドキシン吸着療法など血液浄化療法も行っております。また、腎生検・内シャント手術・内シャント血管拡張術・慢性腎不全教育・血液透析導入の指導などの業務をしております。看護局の協力もあり、火・木曜日における臨時の血液透析療法や血液浄化療法にも対応しております。

診療実績

患者数(人)
  平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
新入院患者数 397 474 351 326 342
外来患者数 3,848 4,113 4,334 4,367 3,892

手術実績(件)
  平成30年度 令和元年度 令和2年度
内シャント設置術 16 28 24
経皮的シャント拡張術・血栓除去術     2

入院患者における主たる手術のみ抜粋

ドクタープロフィール

山本 順一郎(やまもと じゅんいちろう)

役職:診療局長兼腎臓内科部長兼臨床工学技士室長
卒年:1996年

資格等

医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会内科指導医
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓指導医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析指導医
日本透析医学会透析専門医
日本医師会認定産業医

得意分野

腎疾患、透析分野全般

辻 将志(つじ まさし)

役職:腎臓内科医師
卒年:2015年

資格等

日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医

加藤 将宏(かとう まさひろ)

役職:腎臓内科医師
卒年:2015年

資格等

日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医

得意分野

腎臓病

透析医療の自主機能評価指標

  • 日本透析医会の透析医療の自主機能評価指標に基づく
  • 2021年4月1日現在における状況

1施設の状況

1施設の設備
施設の種別 病院
病床数 352
透析ベッド数

16


2施設の機能
準夜透析の可否
可の場合、透析室の終了時間 -
オーバーナイト透析の可否
在宅透析の可否
オンラインHDFの可否
シャント手術の可否
PTAの可否
障害者自立支援医療機関かどうか 指定自立支援医療機関
処方の区分 院外処方
下肢末梢動脈疾患指導管理加算の有無

3医療スタッフの状況
透析に関わる医師数 3
透析医学会会員の医師数 1
透析専門医の人数 1
透析技術認定士の人数 1
慢性腎臓病療法指導看護師の人数 2
管理栄養士の有無

2患者の状況

患者の状況
外来透析(HD)患者数 8
外来透析患者に対応する後期高齢者患者の比率 13%

3治療指標(外来透析(HD)患者対象)

治療指標(外来透析(HD)患者対象)
腎性貧血管理(Hb10.0g/dL以上の比率) 75%
P管理(P6.0mg/dL以下の比率) 62%
PTH管理(iPTH240以下の比率) 100%
透析時間(4時間以上の比率) 88%
透析時間(5時間以上の比率) 0%
透析量(Kt/V1.2以上の比率) 86%

お問い合わせ

市民病院
〒496-8537 愛知県津島市橘町3丁目73番地
TEL:0567-28-5151 FAX:0567-28-5053

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
ページのトップへ

津島市民病院

〒496-8537 愛知県津島市橘町3丁目73番地
電話:0567-28-5151
FAX:0567-28-5053
FAX:0567-28-6653(地域医療センター専用)
交通・アクセス

受付時間

午前8時00分~午前11時30分
(ただし、緊急・救急の場合はこの限りではありません)

休診日

市民病院の休診日は土曜日・日曜日、祝日及び年末年始
(12月29日~1月3日)となっております。