このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
津島市民病院:トップページへ戻る
  • Multilingual
  • 津島市ホームページ
電話番号 0567-28-5151
サイトメニューここまで

本文ここから

先輩ナースから

「私が一番大切にしていること」

入職して1年が経ち、あっという間だったなと言う思いと、たくさんの患者さんとの出会いを嬉しく感じています。入職当初と比べると、いろいろなことができるようになった半面不安な気持ちを持ちつつ毎日を過ごしています。ですが、患者さんから「ありがとう」という言葉に救われ頑張っています。不安な気持ちを抱えている患者さんの一番身近な存在の看護師として笑顔を絶やさず、より良い関係を築いていける看護師になりたいです。

安井ひかる

「患者や家族の思いに寄り添える看護師」

私は当院に勤め始め、毎日学ぶことばかりで充実しています。ようやく1年が経ち、落ち着いて対応できるようになり今一度、学生から考えていた看護師とはなにかを考えるようになりました。私は、病棟の患者との関わりで「あなたには何でも相談できる」と言っていただき、患者や家族の思いに寄り添える看護師になりたいと思いました。まだまだ未熟であり、頼られる存在ではありませんが、まずは身近な患者さんに信頼される看護師として精進してきたいです。

稲垣美有

「安心・安全な看護を提供できる看護師」

私が津島市民病院に入職した理由は、看護師の教育プログラムが充実しており、看護の質の向上が期待されるとともに、地域の人との関わりを大切にするという理念に魅力を感じ就職を希望しました。そして、人と人との関わりを大切に安心・安全な看護を提供できる看護師を目指しています。これからも日々経験を重ねて患者・家族の思いに寄り添える看護師になれるよう、患者・家族とコミュニケーションをとり、人の温かみを感じられる看護ができるように取り組んでいきたいと思います。

浅野智香

「思いやりのある看護師を目指して」

私が津島市民病院を志望した理由は、地域の中での医療の中核を担っており、地域で暮らす人々からも高い信頼を得ていたことと、看護学校在学中から修学資金の援助を受け、安心して学生生活を送ることができた事です。また、新人看護師に対する教育が充実しており、フォローアップ体制が整っていることが魅力的でした。私のような新人でも経験を積むことで、医療スタッフや患者さんに必要とされる私の目指す思いやりのある看護師になれるのではないかと思い志望しました。

西村和馬

「看護をとおして地域の健康や生活を支えたい」

身内の食道がんをきっかけに、社会人経験を経て看護師になりました。当院を選んだのは、ワークライフバランスを大切にした病院の雰囲気に共感したからです。入職後もその印象は変わらず、小学生の息子が2人いる私を含め、子育て世代にも優しい配慮を感じます。入院している目の前の患者さんだけを看るのではなく、疾患予防や早期発見、社会資源などを活用して、入院前後の患者さんの生活を支援できるような看護師を目指したいです。

佐藤真昼

本文ここまで

  • 看護局の紹介
  • 看護体制
  • 部署紹介
  • 看護師の活動
  • チーム医療
  • キャリア開発システム
  • 先輩ナースから
  • 採用情報

以下フッターです。
ページのトップへ

津島市民病院

〒496-8537 愛知県津島市橘町3丁目73番地
電話:0567-28-5151
ファックス:0567-28-5053
e-mail:tsmhp@tsushimacity-hp.jp
交通・アクセス

受付時間

午前8時00分~午前11時30分
(ただし、緊急・救急の場合はこの限りではありません)

休診日

市民病院の休診日は土曜日・日曜日、祝日及び年末年始
(12月29日~1月3日)となっております。