このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
津島市民病院:トップページへ戻る
  • Multilingual
  • 津島市ホームページ
電話番号 0567-28-5151
サイトメニューここまで

本文ここから

緩和ケアに関するご質問

最終更新日:2018年11月6日

ご質問の内容を下記よりお選びください。

緩和ケア病棟はどんな人が入れますか


悪性腫瘍(がん)の方です。決して「末期」の方が対象ではありません。

悪性腫瘍(がん)の進行に伴う何らかの苦痛(つらさ)があり、ご自宅で過ごすことが難しい方であれば、一時的入院を含め、対象になります。
ただし、患者さんがご自分の病名、病状を理解し、患者さんとご家族が緩和ケア病棟への入院を希望している方に限ります。

緩和ケア病棟はどんな場所ですか


自分らしく生きる場所です。

現在も緩和ケア、緩和ケア病棟には、敗北、何もしない場所、死ぬための場所などといった、大きな誤解があります。しかし、本当は、人生の大切なときを、安心してその人らしく生きていただくための場所です。あなたの大切なご自宅と同じように過ごしてもらえる場所「第二の家」と思ってください。

緩和ケア病棟ではどんな治療が受けられますか


患者さんのつらさを緩和します。

身体のつらさ、心のつらさなど、苦しみを和らげることも重要な治療です。
専門的な知識と技術に基づいた緩和ケアを提供することにより、患者さんがその人らしく生きられるように支えます。

緩和ケア病棟に入院したら家には帰れないのですか


ご希望に合わせて、外出、外泊、退院ができるようにお手伝いをします。

緩和ケア病棟は最期のときを過ごすところだけでなく、不快な症状を軽減し、家で過ごせるように外出、外泊や退院の調整を図る事が出来ます。
症状が落ち着けば自宅退院や施設への入所も可能です。また、こちらから退院を提案させて頂く場合もあります。

リハビリは受けられますか

受けることができます。
患者さんのQOL(人生と生活の質)を高めることにつながりますので、リハビリも行っています。リハビリを行うことで活動の範囲の拡大、社会交流が増えることが期待されます。

在宅で介護をしていますが、疲れてきました、少し入院できますか


レスパイト入院をご利用ください。

当院緩和ケア病棟では、在宅で患者さんを介護されているご家族に休養を取っていただくためのレスパイト入院を行っています。レスパイトとは、「休息」「息抜き」という意味です。
患者さんにとっても、ご家族にとっても息抜きは大切です。申し込みには緩和ケア面談が必要となりますので、主治医にご相談ください。
*医療保険が適応になります。入院期間は2週間以内です。年間の回数制限はありません。

一度体験をしてみたいのですが


体験入院をご利用ください。

当院緩和ケア病棟では、緩和ケア病棟がどんなところかを体験して頂く為に体験入院を行っています。がんと診断された方なら、どなたでもご利用できます。例えば、治療前の方や抗がん剤など治療中の方など、苦しい症状が少ない時に緩和ケア病棟を体験して頂く事で、症状に応じた療養場所の選択肢を広げることが出来ると思います。
申し込みには緩和ケア面談が必要となりますので、主治医にご相談ください。

緩和ケア病棟を利用したいときはどうしたらよいですか


当院通院中の方は主治医にご相談ください。

他院通院中の患者さんは、主治医からの紹介状が必要となります。
がんの治療を行っている主治医と今後の治療方針について相談の上、緩和ケア入棟面談外来の受診予約をお願い致します。
緩和ケア入棟面談外来は、予約制で、緩和ケア医師・緩和ケア看護師との面談を行っています。

状態が切迫している場合は、初診は優先されますか

お電話での取次では、実際の患者さまを診察していない状況ですので、切迫な状態かは判断しかねるため、お電話の順番に予約をさせて頂いています。

緩和ケア外来受診待ちはどれくらい

外来の予約の状況によりますが、だいたい1週間ほどの待ちです。

緩和ケア病棟に入院するまでの期間はどれくらい

緩和ケア病棟への入院は約1カ月前後の待機期間があります。

病名告知は必要ですか

原則として、判断力のある患者さんは、病名や病状を理解した上で入院の希望を伺っています。
現在かかっている医療機関で告知がされていない場合、必ずしも告知は必要ではありませんが、手術や抗がん剤治療・放射線治療などの積極的治療を行わないところです。ご本人の理解に合わせた説明が必要です。
緩和ケア病棟入棟され、ご本人が病名告知を望まれる場合、家族が告知を望まなくても、緩和ケア医はご本人の意思に添い、隠し事はないことをご理解ください。

お問い合わせ

当院の緩和ケア病棟に興味のある方は、見学も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら
電話:(0567)28-5151、(代)地域医療センター
FAX:(0567)28-5053

本文ここまで


以下フッターです。
ページのトップへ

津島市民病院

〒496-8537 愛知県津島市橘町3丁目73番地
電話:0567-28-5151
ファックス:0567-28-5053
e-mail:tsmhp@tsushimacity-hp.jp
交通・アクセス

受付時間

午前8時00分~午前11時30分
(ただし、緊急・救急の場合はこの限りではありません)

休診日

市民病院の休診日は土曜日・日曜日、祝日及び年末年始
(12月29日~1月3日)となっております。